Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シーライフ名古屋のGW2018の混雑はどうなの?評判は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク



『シーライフ名古屋』が、ついにオープンしました!!

名古屋で最近できたキッズテーマパークと言えば、「レゴランド・ジャパン」。

レゴの世界を体感できる日本初上陸のテーマパークです。
パーク内にはおよそ1700万個のレゴブロックと約1万体のレゴモデルが使用されています。

名古屋城をはじめ、日本中から選んだ10ヶ所の景色や町並みをレゴブロックで再現した「ミニランド」、中世の世界に迷い込んだかのような「ナイト・キングダム」など、テーマが異なる7つのエリアあります。

40を超えるアトラクションやショーの他、個性的なレストランやショップもありますので、是非一度は行ってみたいですよね!

そして、その隣に『シーライフ名古屋』と『レゴランド・ジャパンホテル』がオープンです!

シーライフ名古屋は、レゴランド・ジャパンホテル内に、体験型の水族館としてあるんですよ。

体験型の水族館って何?と思われた方も多いと思います。
レゴランド水族館のシーライフ名古屋は、5歳〜12歳の子供をターゲットにした、『見る』、『触る』、『学ぶ』を体験できる水族館となってます。

近くに名古屋港水族館もあるのに、どうしてまた名古屋に水族館を作ったの?何が違うの?といろいろと疑問が・・・と言うことで、
今回は、体験型水族館『シーライフ名古屋』とは一体なんなのか?ゴールデンウィークに行きたいんだけど混雑状況はどうなの?評判はどうなの?など、この辺りのことについて調べていこうと思います。

題して、「シーライフ名古屋のGW2018の混雑はどうなの?評判は?」です。

では、いってみましょう!

スポンサードリンク

シーライフはどんな水族館?テーマは?

シーライフ名古屋は、5歳〜12歳の子供をターゲットにした、『見る』、『触る』、『学ぶ』を体験できる水族館となってます。

シーライフ名古屋の延べ床面積は、約2100平方メートルで、約150種・3,500匹もの生き物を展示しています。

館内や水槽には、レゴのキャラクターやレゴブロックを使った展示物が設置されていて、いろんなところがレゴワールドになっています。

その世界観に触れながら、海や川の生物を体験・学習できるように、子供に興味を持ってもらえるような工夫がされています。

幼稚園児から中学生を対象に年齢に応じたワークショップや、アイテムを駆使してクイズを解いたり隠された秘密を発見したりする体験プログラムも用意してあるなので、楽しめますね。

館内のテーマは11のゾーンに分かれていて、中部地域の魚を見られる「木曽川」ゾーン、ヒトデやエビなどにさわれる「ロックプール」ゾーン、物語の登場人物を配した「竜宮城」ゾーンなどがあります。

「シーライフ水族館」と「名古屋港水族館」の料金の比較など

2018年4月15日(日)オープンの水族館シーライフ名古屋。

「SEA LIFE」(シーライフ)は、1979年スコットランドで開業され、以来、世界50カ国以上にある世界最大の水族館ブランドだそうです。

今回名古屋にできたということで、施設名は「SEA LIFE Nagoya」ということなんですね。

で、気になる料金なんですが、

シーライフ名古屋入場料
大人(13歳以上):1,900円/1人
子供(3〜12歳):1,500円/1人

※シーライフ名古屋水族館のみの入場料です。

レゴランドジャパンも一緒に楽しみたい場合は、別途入場料も必要となります。
レゴランドジャパンと水族館の両方合わせて楽しめるコンボチケットも販売されますので、多少は割安で購入できるようになるのではないでしょうか?

子供をメインターゲットにして水族館内が作られているのはわかったけど、3歳〜12歳で一律1,500円というのは、少し割高に感じてしまいますね。

参考に名古屋港水族館の入場料と比較したいと思います。

名古屋港水族館料金
大人・高校生・・・2,000円
小・中学生・・1,000円
幼児(4歳以上)・・500円

シーライフ名古屋料金
大人(13歳以上):1,900円
子供(3〜12歳):1,500円

名古屋港水族館は、中学生:1,000円なのに対し、
シーライフ名古屋は、中学生:1,900円。

名古屋港水族館は、4歳〜6歳:500円、7歳〜12歳:1,000円なのに対し、
シーライフ名古屋は、3歳〜12歳:1,500円。

なんか小さい子をターゲットにしているからなのか、ターゲット年齢に含まれているのお子様の料金が、すごい割高な感じがして・・・。

でも、”ここでしか体験できない何か”が、あるかもしれないので、気になるようでしたら、行ってみるしかないですね!

「シーライフ水族館」と「名古屋港水族館」の違いは?
シーライフ水族館は、レゴランド・ジャパン・ホテルに併設されていて、最大の特徴は「見て、さわって、学べる」ことが良いですね。

子どもが海へ自然と興味を持てることをテーマに作られています。

ショーやイベントなどがあり、SEA LIFEレンジャーが毎日トークを行い、面白いことをたくさん学ぶことができるそうです。

魅力的なエイのショーや楽しいトークが楽しめます!

名古屋港水族館はというと、こちらの方が大人向けなのかな?って感じになりますね。

ベルーガが見たかったら、名古屋港水族館ですね。あと、マイワシのトルネードは圧巻です。※ただし時間が決まっているのでいつ行っても見れるわけではないので注意です。

イルカショーのほかにもベルーガやシャチの公開トレーニング、シネマ館でも映像が流れていて、半日は楽しめますね。

シーライフ名古屋の感想

プレオープンに行かれた方の感想がありましたので、一部紹介します。

シーライフ名古屋のGW2018の混雑は?

初日の入場数・・・まだ不明ですが、それなりになると思います。
まだ出来て間もないので、勢いはまだまだ続きそうですね!
ゴールデンウイークまで続くでしょう(予想)。

レゴランドやレゴランドホテルがあるので、今年2018年のGWは、かなりの確率で混雑が予想されますね!

混雑を避けるには、朝一で並んで空いているうちに、各コーナーやゾーンを回って、混雑するピークの時間にサァ〜と帰えるみたいな感じが、混雑を避ける作戦ではないかと思います。

もしくは、混雑覚悟で行ってしまう(かなり覚悟が入りますが・・・)。

どちらかでは、ないでしょうか?

まとめ

今回は、「シーライフ名古屋のGW2018の混雑はどうなの?評判は?」ということで、まとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

背の低い子供が水槽の中を見れるように、低い位置に窓をつけるなど、水族館自体が子供向けになっているので、評判も良いですね。

レゴの世界観を生かした水族館「シーライフ名古屋」。是非行かれて見てはいかがでしょうか?

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする