働かなくてもお金がもらえる「ベーシックインカム」とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク



働き方革命とか、いろいろ世間では騒いでいますが、「ベーシックインカム」ってご存知ですか?
選挙の公約でもあげられてたこともあって、気になり始めている方も多いかと思います。
しかし、「ベーシックインカム」って何?って方のためにサラ〜っと説明していこうと思います。

働かなくてもお金がもらえる「ベーシックインカム」とは何?


ベーシックインカムとは、政府が国民に生活できる分のお金を支給する制度のことを言います。

生活できる分なので、それほど多くはありませんが、月に5万円〜7万円くらいになるんでしょうか?

毎月、性別や年齢問わずにお金を受け取ることができます。

最低限の生活費が保障されるということなので、生活保護みたいな感じです。

生活保護を受けるには、働けない理由などがないと支給してもらえません。

ベーシックインカムとは、どんな条件の方でも、均一に生活費が支給される制度となってます。

なので、ギリギリ生活出来る範囲であれば、働かなくても生活が出来てしまうんです。

よって、美味しいものを食べたいとか、良い所に住みたいとか、そういうのがあれば、働いて稼ぐ必要があります。

生活保護のように働き始めて収入があれば、支給されないとかそういうわけではありません。

働いていようがなかろうが関係なく、一定額を受け取ることができます。

スポンサードリンク

日本にも「ベーシックインカム」は必要?

ある一定の水準を満たしている企業に就職すれば、年齢とともに給料も上がっていくなんてのは、とうの昔に終わっています。

最近では正社員は増えず、非正規雇用の方が増えてます。このような場合、その企業に長く勤めても給料は上がらず安定した生活が送れる人が少なくなってしまいます。

今の時代、正社員であっても安定した生活というのは怪しくなってきています。

給料が減ってくると、この先結婚を考えている人や、子育てを考えている人にとっては、経済的に不安でしかないと思います。

なので、この先の日本にとって「ベーシックインカム」という制度は必要となってくると思います。

多くの人は、生活のために仕方なく仕事をしていると思います。

ベーシックインカムで、毎月定額支給されるようになったら、無理して仕事をする必要性がなくなって、働かない人が増えるかもしれません。

「嫌な仕事を無理してする」というのがなくなれば、好きなことに時間や労力を絞れるようになり「好きな仕事をする」という人が増えるかもしれません。

仕事に対して嫌なイメージが減り精神的には楽になってくるでしょう。

「ベーシックインカム」海外ではどうなの?

フィンランド編

2017年1月から2018年12月までの2年間、ベーシックインカムを試験的に導入していたそです。

対象となる人は無作為に選出された2000人。
日本円で6万8000円が政府から支給されてました。
対象となった人は寝て過ごそうが、好きなだけ使おうが構わないということでした。
あくまで実験的にどうなるか?失業率にどう影響を及ぼすのか?を考えての導入です。

介護によって働くことが出来ない人は、仕事の紹介所からの電話に怯えていたそうです。
仕事をしたくてもできない状況を理解してもらえず、何度も仕事を押し付けられるのがストレスになっていたようです。

しかし、ベーシックインカムが導入されて、ストレスが軽減されたそうです。
家庭の事情で働くことができない人にとっては、無理に仕事をしなくても生活ができ、介護に集中できるので、とてもありがたい制度といえます。
日本も高齢化社会ですので、働けない人が増えています。なので、このフィンランドのベーシックインカム試験的導入は日本にとって参考になるのではないでしょうか。

オランダ編

2016年からは、オランダ第4の都市ユトレヒトも試験的に導入しています。
対象者は社会福祉を受給している300人。
独身世帯は約900ユーロ(約12万2500円)家族がいる世帯は約1200ユーロ(約18万円)が月に支給されます。

導入した理由は様々ですが、

・社会保障制度の複雑さをなくす
・官僚主義を減らす
・労働時間を選択させる
・介護やボランティア、勉学に時間を費やすようにする

といった理由での導入だったようです。

カナダ編

現在はやっていませんが、過去にベーシックインカムの実験を行っていた国です。
カナダのマニトバ州ドーフィンでは、1974年から1979年に「Mincome」と呼ばれる実験を行っていました。
内容は、ベーシックインカムそのもので、給付金を毎月支給するというものでした。

しかし、この実験は政権交代により、途中で終わってしまったようです。
ただ、5年間でも成果はあったとされていて、
・労働意欲は減退せずに労働時間だけが減った
・社会保障費を減らすことができた
・貧困が減った

といったような効果がみられたそうです。

次回に続く

>>日本にも導入されるの?「ベーシックインカム」の良い所と悪い所

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする