津花火大会の穴場情報2018!駐車場情報なども!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



2018年7月15日(日)に、第67回津花火大会2018が開催されますね!

ズドンとお腹に響く音、そして夜空に咲く色とりどりの光。あの一瞬がなんとも言えず、美しく、心を和ましてくれますね。

津花火大会と言えば、大正時代から続く、津の町の夏の風物詩の花火大会です。

津花火大会の呼び物である海上花火は、疾走する船から次々と花火玉を海中に投げ込み、孔雀が一斉に羽を広げた華麗な姿を連想させます。

津花火大会は、毎年約15万人が訪れる大人気の花火大会です。

なんと、人気花火大会ランキング 東海第1位(2018/07/14現在)なんです。

今年は一体どんな花火が観れるのでしょうか?

津花火大会は大変人気の花火大会ですので、当日は交通規制もあり、相当な混雑が予想されます。

花火会場近辺の混雑は避けれませんが、少し離れた穴場スポットならば、多少渋滞や混雑は避けられるかも知れません。

なので今回は、そんな穴場スポットがどこにあるのかなど、その辺りをメインに紹介していきたいと思います。

題して、「津花火大会の穴場情報2018!駐車場情報なども!」と言う事で、早速いってみたいと思います。

スポンサードリンク

津花火大会2018の開催情報

開催日程・時間

2018年7月15日(日)(荒天時は翌日、翌々日に順延)

19:45 ~ 21:00

打ち上げ数

約1万1500発

花火の打ち上げ場所

トイレ情報

トイレは、4ヶ所(予定)みたいです。

交通規制情報

花火大会当日は、会場周辺道路は下記のように車両通行禁止(18:00~22:00)となりますので、移動は早めに済ましておいたほうが、良いですね。

2018津花火大会交通規制.png

臨時バス情報

有料臨時直行シャトルバスが下記の2ヶ所から運行されます。(片道 220円)

①JR・近鉄津駅東口3番バス乗り場

②津市産業・スポーツセンター(サオリーナ)無料臨時駐車場のりば

往路運行:16:00~19:30

復路運行:21:30予定

津花火大会2018のプログラム

今年のプログラムは、こんな感じになっています。

2018津花火大会プログラム.jpg

津花火大会の穴場スポットは?

津花火大会の穴場スポットや感想などを紹介していきます。

では、順に見ていきましょう。

津なぎさまち

中部国際空港セントレアまでのフェリー発着場です。

駐車場もありますが、渋滞や混雑する場合があります。

御殿場海岸

打ち上げ場所の阿漕浦海岸から海岸続きです。

夜風に吹かれながら、花火を浜辺で見るのも良い感じですよね。

浜辺なので、早めに行っても多少は遊べますので、子供連れでも退屈しないですね。

ベイスクエア津 Luts (ラッツ)

ショッピングモールの「ベイスクエア津 ラッツ(Lut’s)」です。

屋上駐車場を解放してくれています。

買い物もできますしトイレもあるので、ちいさな子供連れでも安心ですね。

津花火大会2018の駐車場情報

会場周辺には無料駐車場があり、4000台停めれます。

交通規制・駐車場情報は、こちら!

ボートレース場駐車場 3000台

津市産業スポーツセンター駐車場 1000台

津市産業スポーツセンターからはシャトルバスが出ていますが、混雑が予想されますので早めに移動しておいたほうがようですね。

⑤津花火大会会場周辺の天気予報

花火会場周辺の天気予報は、こちらです。

あと、風下だと花火の煙が流れてきて、花火が見えなくなりますので、風向きにも気をつけたほうが良いです。

 

去年の花火大会の動画など

2017年の津花火大会の動画がありましたので紹介します。

花火の必須アイテム

夏の花火大会は、早めの移動が基本となるので、日が沈む前からの移動・待ちとなります。

そうなりますと、日焼けなども心配になってきますよね?

日焼けが気になる方は、日焼け止めをしていくとよいかと思います。

気になる方はこちら↓↓↓

花火大会におすすめの日焼け止めクリームを探す!

あと、水辺の近くだとなども多くいたりします。嫌ですよね?

せっかく花火観に来たのに、虫がうっとうしい!って事にならないように、虫よけスプレーを準備しておくとよいと思います。

子供に使うなら、ディート不使用の虫よけスプレーのほうが、安心ですよね。

花火大会におすすめの虫よけスプレーを探す!

まとめ

今回は「津花火大会の穴場情報2018!駐車場情報なども!」について調べて見ましたが、いかがでしたでしょうか?

津花火大会の海上花火は珍しく、観覧席ぎりぎりの台船から打ち上げられるスターマインは大迫力!

また、三重県の県庁所在地である津市は、東海方面と関西方面のどちらからでもアクセスしやすいですので、是非行ってみてください。

今回は、以上となります。

最後まで見ていただき、ありがうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする