熱田まつりの花火2018の穴場スポットは?打ち上げ時間なども!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



名古屋の初夏といえば熱田まつりですね!

熱田まつりといえば、打ち上げ花火も忘れてはいけません。

いよいよ熱田まつりが開催されます。

熱田まつりは、別名「尚武祭(しょうぶさい)」とも呼ばれています。

尚武とは「武道・武勇を重んじる」ということ。

つまり、尚武祭とは、主に男子が強くたくましく育つことを願ったお祭りです。

熱田まつりは、熱田神宮の例祭であり、熱田神宮で行われる最も重要で荘厳なお祭りです。

熱田まつりといえば、前夜祭も有名ですね。

前日のお昼くらいから、熱田神宮周辺にたくさん屋台などが並び、前日から盛り上げてくれます。

熱田まつりの見所といえば、奉納行事・献灯まきわら・出店(昼間行くと比較的すいている)・・・な感じでしょうか?

そして、花火ですね。

6月の花火って全国的にみても、時期早いですよね。

今回は、熱田まつりの打ち上げ花火の穴場スポットがどこなのかについて、ちょっと調べていきたいと思います。

題して、「熱田まつりの花火2018の穴場スポットは?打ち上げ時間なども!」ということで、

では早速いってみましょう!

スポンサードリンク

熱田まつりの花火2018の開催情報

熱田まつり(尚武祭)

日程:2018年6月5日

時間:10:00~

※花火は、19:40~20:30頃

熱田まつり当日は、交通規制があります。

熱田神宮の駐車場は利用できませんので、ご注意ください。

公共交通機関を利用されたほうが、確実に良いですね。

熱田神宮

熱田神宮の最寄駅はこちらです。

熱田神宮の最寄駅

・名鉄・神宮前駅

・地下鉄・伝馬町駅

・地下鉄・神宮西駅

・JR熱田駅

名鉄・神宮前駅

地下鉄・伝馬町駅

地下鉄・神宮西駅

JR熱田駅

熱田まつりの花火打ち上げ場所・時間

花火の打ち上げ場所は、熱田神宮公園内で、14:00~21:30は、立ち入り禁止となります。

花火の打ち上げ時間は、19:40~20:30頃となってます。

打ち上げ花火は、約1000発とそこまで大規模ではありませんが、荘厳なお祭りとともに初夏の花火を楽しむことができます。

6月5日が雨天の場合は、6月6日に順延。6月6日も雨天なら中止となります。

熱田まつりの花火2018の穴場スポットは?

熱田まつりの花火を観るスポットで鉄板なのは、白鳥公園や白鳥庭園です。

しかし、打ち上げ場所から近いとやはり混雑が予想されます。

どうせ見るなら穴場スポットが良いですよね?

オススメの穴場スポットは4つ

①名古屋国際会議場

②コジマ×ビックカメラ 熱田店

③イオンモール熱田店

④神宮東公園

では、順番に見ていきましょう。

名古屋国際会議場

ここは鉄板の白鳥公園の北側に位置する場所ですが、

案外穴場のスポットになっているようです。

 

名古屋国際会議場の駐車場が利用可能です。

熱田まつり奉納花火大会での駐車場利用について

熱田まつり奉納花火大会の開催予定日の6月5日(火)は15時から21時30分の間、

当館の第4駐車場(南ゲート)が有料にてご利用いただけます。

以下にて、入出庫可能な時間をご確認の上、ご利用ください。

料金:700円/台

駐車場利用時間:6月5日(火) 15:00~21:30

※雨天順延の場合は翌日(6月6日(水))

詳しくは、こちら

http://www.nagoya-congress-center.jp/info/ct8109/

コジマ×ビックカメラ熱田店

名古屋国際会議場の近くで、周りに高い建物のないので、意外と良い。

駐車場も500台以上あって、営業時間も21:00までとなってます。トイレもあります。

ただ、お店の駐車場なので、オススメと言えばオススメなんですが、ちょっと気が引けます。

イオンモール熱田店

花火打ち上げ会場から若干離れてしまいますが、花火を観るには問題ないと思います。

イオン熱田店でお買い物を2000円以上すると、5時間まで駐車場が無料になります。

車で来店して食料など買って、花火観ちゃうなんてのも良いですね。

 

神宮東公園

神宮東公園は、地元民しか知らない花火観戦スポットみたいです。

特に、公園北側が穴場となっているようです。

JR熱田駅からも徒歩10分程度ですから、意外に良いですね。

まとめ

今回は、「熱田まつりの花火2018の穴場スポットは?打ち上げ時間なども!」ということで、

まとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

6月5日は、天気も良さそうなので、花火は大丈夫そうですね。

熱田まつりの昼の奉納、そして夜の花火、是非楽しんでください。

今回は、以上となります。

最後まで見ていただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする