五月人形、いつ飾る?飾ってはいけない日とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク



花見が終わったと思えば、すぐにゴールデンウィークですね。
ゴールデンウィークといえば、こどもの日(端午の節句)ですよね。

男の子のお子さんがいる家庭では、「兜」や「鯉のぼり」など飾ったりするのではないでしょうか?

ちなみに、雛人形は飾る時期、しまう時期がある程度決まってました。
雨水の日に飾ると、良縁に恵まれ、節句が終わったらすぐにひな人形を片付けないと

お嫁に行くのが遅れるという俗説がありました。

では、五月人形って、いつから飾れば良いの?
早い方が良いの?遅いとダメなの?ということで
五月人形を飾る日について、調べてみました。

なんで「端午の節句」と呼ばれるの?

そもそも、端午(たんご)とは月の始めの午(うま)の日のことで、旧暦5月5日(現在は新暦5月5日)を端午というように変わったそうです。

古代中国では、この日を薬採りの日としていて、薬草を摘んで野遊びをしました。

菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたそうです。

男の子の節句とされるまでは、厄病を祓う節句で「菖蒲の節句」とも呼ばれています。

5月は悪月(あくげつ)、物忌みの月とされ、その邪気を祓うために菖蒲を浸した酒を飲だりり、蓬(よもぎ)を軒につるして粽(ちまき)を食べたりしました。

平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代になって、3月3日の女の子の節句と対応させて、
菖蒲が尚武と同じ音であることから男の子の節句になり、江戸幕府の公式行事となりました。

スポンサードリンク

五月人形飾る時期は?

五月人形は飾る時期に決まりはありませんが、
端午の節句である5月5日よりも
前であれば良いので、ご都合の良い日に出してください。

一般的に春分(3月21日頃)から、4月中旬くらいの間に出して、
端午の節句までに飾り付けを終えることが多いようです。

地域や風習などによっても異なりますので、
ご家族に訊ねて教えて貰いましょう。

お子様の成長をお祝いするには、4月の中旬以降から飾って
2週間ほどお楽しみいただけば良いのではないかと思います。

飾る場所や方角に決まりはある?

これに関しては、特に決まりがありません。
ただ、五月人形の品質保持の為にも、ジメジメした場所や直射日光の当らない場所が良いかと思います。

**飾ってはいけない日は?

ただ雛人形と同じく、慌ただしく前日や当日に飾るのは、
「 一夜飾り 」 といって縁起が悪いとされているので、
できるだけ避けた方が良いかもしれませんね。

五月人形を片付ける時期は?

ひな人形のように早くしまわないとお嫁に行き遅れるとかはなく、5月5日の端午の節句が終われば
なるべく早めに片付ければいいです。
目安としては、5月中旬くらいまでで、天気の良い日に
片付けていただくことをお勧めします。

まとめ

五月人形がきちんと飾られていて、家族みんなが揃っていれば、
きっとお子さんにとって良い思い出、楽しい思い出となってくれると思います。

いかかでしたでしょうか?
少しでも何かのお役に立てたのであれば、嬉しいです。

それでは、また。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする