おひなさま、いつ飾る?飾ってはいけない日とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク



お雛様って、いつから飾れば良いの?
早い方が良いの?遅いとダメなの?

ちょっと気になったので、
ひな人形を飾る日について、調べてみました。

お雛様を飾るベストな時期とは?

お雛様を飾る時期は、立春(節分の翌日)から2月中旬にかけてが良いと言われています。

遅くても、ひな祭りの1週間前までには飾り付けを済ませておくのがベストです。

また、二十四節気のひとつ「雨水(うすい)」に飾ると良いと言われるところもあります。

雨水とは、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。

毎年2月19日頃になります。

雨水に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。

お雛様を飾ってはいけない日とは?

「えっ!そんな日あるの?」

意外と知らない人が多いみたいです。

しかも、日にちだけではなく飾ってはいけない場所もあるんです。

まずは、「飾ってはいけない日」についてです。
それは3月2日、ひな祭りの前日です。

この日に雛人形を飾ることを「一夜飾り」と言い、縁起が悪いと言われています。

なぜかというと、「一夜飾り」というのはお葬式を連想させてしまうからなんです。

お葬式って突発的なので一夜で準備を済ませることが多いですよね。

このことから3月2日に飾るのはやめましょう。

次に、「飾ってはいけない場所」についてです。
基本的にはどこに飾っても問題ありません。

人目につかない所や、誰もいない所に飾ってしまうのはお雛様が淋しくなるので、そのような場所と湿気の多い場所はさけてください。

しかし、玄関に飾るのはよくないと言われています。

それは風水が関係しています。

風水では、玄関から「いい運気」が家の中に入ってきて、家族が幸せになると考えられています。

玄関に人形やぬいぐるみを置くと、「いい運気」を全て人形やぬいぐるみが吸いこんでしまうと言われているんです。

雛人形も人形ですので、玄関に飾るのは避けた方がいいでしょう。

雛人形を飾る場所は、リビングなどの家族みんなが集まる場所が最適です。

お子様と一緒に雛人形を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする