実写映画『ちはやふる』、ついに完結!でも、その前にやるべきこと。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



広瀬すず主演の映画『ちはやふる』シリーズが、
3月17日より公開される映画『ちはやふる -結び-』でついに完結!

スポンサードリンク

映画「ちはやふる -結び-」最後の戦い―、ここに完結!

末次由紀による原作漫画は、コミックス累計部数2100万部を突破。
そんな大ヒット漫画を原作とした映画『ちはやふる』は、競技かるたに情熱を燃やす高校生たちの物語。
2016年春に公開された『ちはやふる -上の句・下の句-』の2部作は、200万人を超える観客動員数を記録。
公開されるや数々の映画賞に輝き、出演したフレッシュな若手キャストを全国区に押し上げると同時に、大人も感動できる青春映画の金字塔として話題となりました。
監督は小泉徳宏が前作から続投。
主題歌にも前作から引き続き、自身たちも熱狂的な“ちはやファン”だと公言しているPerfumeが決定。
「同じ花は二度と咲かないように、二度と戻ってくることはない“この一瞬”を表現した音楽を作って欲しい」という小泉監督からのリクエストに応え、完結編となる本作に相応しい主題歌「無限未来」が誕生しました。

2018年春、最強のキャスト・スタッフが再集結して、日本中に熱い感動を再び届けます!

映画「ちはやふる -結び-」のストーリー

完結編『ちはやふる -結び-』では、前作から2年後が描かれる。
かるたから離れていた新(新田真剣佑)は、千早(広瀬すず)たちの情熱に触れて、自分も高校で競技かるた部を創設し、全国大会で千早と闘うことを決意する。
そして千早は高校3年生となり、瑞沢高校競技かるた部員として最後の全国大会を目指す。
しかし、予選を前に部長の太一(野村周平)が辞めてしまい――。
今、一生忘れることのない最後の夏が始まる。

映画「ちはやふる -結び-」を映画を観る前にやるべきこととは?

「ちはやふる -結び-」を観る前に、やるべきこととは?
ずばり、原作漫画と「ちはやふる -上の句-」と「ちはやふる -下の句-」を観ておくことです。

これはマジ強くオススメします。

その理由は、原作漫画を読んだからこそ、分かる箇所みたいなところが、たくさんちりばめられていて、原作者が込めた思いなどが分かりやすいこと。
映画では原作が凝縮されているため世界観が若干異なっているためです。

なので、原作漫画と映画の両方を観ておいたほうが、より理解できると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする